ビーグレン美白トライアルのハイドロキノンを緩和するQuSome

ビーグレンのホワイトケアトライアル

実は、以前使ったビーグレンの美白トライアルセットで、顔が赤くなってぶつぶつが出たことがあるんです。
それは、

※注意 こちらのレビュー記事は2012年12月のものです。
2016年現在はb.glen(ビーグレン)のトライアルセットは全部新シリーズになっております。
今後新シリーズの美白「b.glenホワイトケアトライアルセット」を使ってレビューしたいと思います。

届いた美白トライアルセットがこちらです。

DSCN0233.gif

        

2sankaku_blue.gif

シミが消えた!くすみがとれた!スーパー美白スキンケアb.glen

hosi_blue.gif

ステップ1

まず、YB-10ローションをたっぷりつけます。手のひらに500円玉大に取り、
顔全体を包み込むようにやさしくなじませます。
とろっとしていて気持ちがいい!
手のひらが肌に密着して吸い付くようになるまでやさしく押さえます。

目元、口元、小鼻など肌が薄いところは指の腹でやさしくなじませるように押さえます。
このローションは浸透力がいいみたい。500円玉大って割と量が多いのに手にとってしばらくすると手の中に入っていくんじゃないの?って思うほど浸透します。

両手でなじませている間にどこに行っちゃったの?という位水分がなくなってきます。
お肌に入っていったのが嬉しくなります。
私は特に乾燥の気になるおでこやほおに重ねづけしました。
手のひらと顔がペトッペトッと音がしてくるとOK。

hosi_blue.gif

ステップ2

次にCセラムを手のひらに1円玉大に取り、顔全体を包み込むようにやさしくなじませます。
つけた瞬間じゅわっと温かい感じで『お、効果ありそう!』と思いました。
無香料なので香料の匂いはないのですが、少し薬品のようなにおいがしました。
肌馴染みもいいみたい。
注意することは昼間つける時には日焼け止めを一緒に使うのだそうです。
ハイドロキノンが紫外線に弱く、日に当たると化学成分が変化してしまうためです。

hosi_blue.gif

ステップ3

最後に、待望のホワイトクリームex。
ハイドロキノン入りのこのクリームがシミに作用すると言われています。
パール大というのでほんの少量でいいのですが、伸びるので顔全体に行きわたります。
少し目の上やおでこがピリッとしましたが、これも効いている証拠かな。
肌がもちっと、ふわっとなった感じです。

21 - コピー (2).gif

・・・というわけで1日目、2日目は効いている!って感じで満足していました。

ところが、3日目の朝起きてみると・・・ひ、ひどい事に!!
おでこにポツポツできものができていて、かゆい!
さらに、肌がポロポロはがれたように乾燥しているのです。

でも、私もばかですね。1日目、2日目に感じた『シミが薄くなるかも。
肌ももちふわになるし。』との直感だけで自己判断し、ポツポツなっているおでこも含め顔全体にまたステップ1~ステップ3を施したのです。

翌朝、ほっぺまでかゆくなり、顔全体が赤くなっています。

これはさすがにダメだ、と思い皮膚科へ行きました。

皮膚科の先生いわく、ハイドロキノンは美白効果は絶大だけど人によってはかぶれたり、刺激が強いこともあるよ、と。
薬をもらい、皮膚の状態が治ったら、ほんの少量を気になるシミの部分にだけ付けてみてはどうか、との診断でした。

そうですね~。
せっかちで、物事をよく考えない私が効果を急いで、ある事を忘れていたのです。

その『ある事』とはとても重要なことです。

それは、パッチテスト。
ビーグレンは、電話やインターネットでお肌の相談を受けてくれるので、私は電話しました。

まず、新しい化粧品に変えたときには多かれ少なかれ肌に刺激はあるものだそうです。
今回はハイドロキノンやビタミンC誘導体などの少し刺激の強い成分が入っていたことで
必ずつける前にはパッチテストが必要だとのことです。

パッチテストのやり方は、
一番良いのは、首だそうですが、今からの時期は人目に触れるところですので、気になるようでしたら腕の内側の柔らかい部分(ひじの裏などが良いそう)、又は脇の下に製品を1つつけます。
24時間~72時間は置いて様子をみるのが良いようです。
何事もなかったら、次の製品を同じようにテストし、全ての製品が大丈夫だったらやっと
顔につけることができます。

それから、かゆみが出ている間は製品の使用はやめた方がいいです。
かゆみが治まり、通常の肌状態に戻ったら、気になるシミの部分にほんの少量だけをつけると良いそうです。

かゆみやポツポツの原因は、多分ハイドロキノンでした。
ポロポロの乾燥肌になったのは、CセラムのビタミンC成分だと思います。
ビタミンCには、皮脂を抑える働きがあるので、乾燥しやすい部分には塗らないほうが良いようです。

実は、最初にトライアルセットを試した時は生理中でした。
きっと、その影響で肌がいつもより敏感になっていたのだと思います。

あれから、肌状態もすっかり治って再度少量ずつ試していますが、濃かったシミに確実に効いています。薄くなってきているのです。
肌がかゆくなったり、赤くなったりポツポツが出ることはもうありません。

見てください!これが、ビーグレン使用前です。

simi.JPG

↓こちらが、ビーグレン使用2週間後です。画像の編集や、ファンデーションでごまかしたりは一切していませんよ(#^^#)

simi2.JPG

写真のとり方が悪いですが、自分で見ただけでなく主人に見てもらっていて
「シミが薄くなっている」と言われました。

2017年現在のビーグレン製品には、(QuSome®化ハイドロキノン)という以前よりも優しい成分が配合されています。
詳しくは、ハイドロキノンを

ビーグレン美白トライアルセットのお申し込みはこちらから
美白ケア(trial)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です